その男には圧倒的存在感があった。

皆様、こんにちは。

管理部の美濃です。

 

私の「今の仕事を始めたきっかけ」は、

ズバリ!『佐藤肇祐』です。

つまり株式会社セブンブレンチ社長です。

転職をするべく採用面接を受けた数社のうちの1社がセブンブレンチでした。

 

実は、他社で採用が決まり勤務を始め新しい勤務先にも

少し慣れはじめた時に、社長面接の連絡をもらいました。

ホームページに載っていた型破りな社長のコメントに、

興味をひかれていましたので、多少悩みましたが、

社長面接に臨みました。

 

そこにはおよそ社長らしくない(悪口じゃありませんよ)、

圧倒的な存在感の男がいました。

長くはない時間でしたが、世の中の事、事業の事。

様々な話をうかがううち、帰るころには、

 

この人の行く末を見てみたい。

一緒に夢を追いかけたい。

 

と、年甲斐もなく(私アラカンなので・・・)、

未経験の仕事に飛び込む気持ちになっておりました。

 

ということで、写真はうちの佐藤社長です。

 

入社して思うのは、

やっぱり佐藤肇祐はびっくり箱のような男。

そんな男の会社が面白くないわけがないじゃないですか!

DSC_0350