坂本龍馬が教科書から消える

昨年教科書に掲載する歴史用語を、およそ半分に減らす精選案が発表されました。

「坂本龍馬」「上杉謙信」「武田信玄」「吉田松陰」などが対象となっており話題になっておりました。この話題を取り上げたのは、勉強より背を背けてばかりいた自分にとって唯一、授業をきちんと受けていたのが日本史であった為です。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」と出会い司馬遼太郎の小説を読破してきましたので少し寂しい話ではあります。

高知の友人からは11月15日は龍馬の誕生日かつ命日でもあるので。集まった仲間達と龍馬排除の報には「まっこといかんぜよ」と気勢をあげていたそうです。

最後に無理矢理まとめますが…
「好きこそ物の上手なれ」のとおり日本史だけは興味を持って授業を受けてきました。
自分の好きなことをやっている人には勝てない。これは真実だと思います。

仕事の中にも好きなことを見出して取り組めば結果はおのずからついてくることを信じて精進するのみです。

IMG_0115

管理部 中野