【俺論】人として大事なこと

こんにちは
佐藤肇祐です。

暑くなってきました。
私は何事もやりすぎる人間と定評があります。
トレーニングをしては、体を壊し、
ガンガン仕事をしては、ぶっ倒れ、
バイクにはまってみては、気づいたら8台になっていて・・・。
暑さであせもをかきすぎてあちこちから出血しています。。。
やりすぎないのは減量くらいです。
まーやせません。

さてさて。
私が思う「人として大事なこと」を最近気づく機会が増えましたので、
ついでだから書いてしまおうと思います。

その1
相手の立場、相手の想いにたって考えること

これは以前いた会社のトップから言われ、
ぬうううううおおおおおお!となった言葉です。
MYペースの人間は最悪だ!という言われ方でしたが(笑)

相手にも時間や立場があります。
私はサラリーマン時代、朝礼に出ないとかはザラで自分の成績のことばかりでした。
しかし、この言葉を聞いてから、上司として率先垂範がないと、
人はついてこないと思い、誰よりも早く出勤するようになりました。

今は・・・他の役員から迷惑だからやめてくれと言われていますwww
やめる気はありません。
私は、少なからず自分の尊敬する人が自分より朝の時間を有効活用してることに気づけば、
自分もやるからです!

その2
感情と問題を切り分けられる思考をもてるようになること

これはまた違う尊敬する方から言われました。
企業は人災ありきである。
そこをどういうシステムをつくり、誰がヘッジするか。
どのように意識づけをするかなど、会社の成長に大きく起因できる言葉を教えられました。

私は、創業期、自分の信条に反する行動をとる部下は、
言っても聞かない場合、手や足が出ていました。(時効という事でお願いします。)
今でも年数回は、大噴火がありますが、最近は丸くなったとよく言われます。
事象にさしあたったとき、最短最適最高の答えは「感情を入れない答え」であり、
最高の答えに向かうには、感情を切り分けないと無理であるということを最近特に思います。

その3
自分の個人資産ですむくらいなら困った人は助けてあげること

私は、30歳で一回文無しになりました。
まーそれまで付き合っていた人も会社辞めたら蜘蛛の子散らすように逃げていきました。
悪いことをしたわけじゃないけど、円満退社なんてことは
仕事を抱えていればほぼあり得ないと自分は思います。

この時、意外だ!と思う方々からの救いがあり、起業するに至りました。
お金は頂きませんでしたが、頭脳としての支援をたくさんいただけたので、
私は他の創業者よりよほど恵まれた環境で戦えました。

だから、私は多少騙されても、自分の出せる範囲であれば救いたいと思ってしまって、
騙されて役員によく怒られています。
しかし、その支援が何倍になって帰ってくることもあるはずです(笑)
そして、その多少の金で、お天道様の下を堂々とあるいていられる人生の方がよほど
マシだと思うからいいんだけどねwww

最後に・・・
品格をもった生き方をすること

私は口調は荒いし、感情が浮き彫りな話し方をしますが、
回りくどいことが嫌いなだけで、悪気はありません。
むしろ、相手のことをしっかり調べ、同調し、なにが最適かを提案させていただくのが好きです。
ゆえに自分なりの最短ルートを提案し、相手を混乱させることがしょっちゅうなようですw

自分なりにどういう風に品格を意識するかと言うと、やはり、
戦い方でしょうね。
商売は、人の情報をこっそり横取りし、自分のアイデアとしてやってしまう人もいれば、
人の売上・企画を自分のものとするひとも沢山います。
でも、それはそれでイイ。

パクられるくらいの自分が人徳の無さだから仕方ないし、
パクられるくらいのビジネスモデルをつくる自分が悪いと自己反省をきっちりします。
私は、「誰・何 のせい」にして自分が悪くない というところに、
ぜったいに品格は生まれないと思っています。
そもそも、できない時点でカッコ悪いんだから、それを人のせいにしてるやつ見ると、
今後は、その人になにかを預けたくなくなる気分になりますよね。

反省をし、次のフェーズでどうするか?っていうところを追求することにより、
視点も上がり、こうべを下げ、本当の意味で芯の強い人間になれると思っています。
私自身、まだまだ1合目も登れてないんでしょうがwww

時間にも制限があるので(自分的に)
これくらいで今回のブログは終わりますが、第8期は
ちょっとずつでも自分のことをわかっていただきたいと思っています。

 

今後ともごひいきによろしくお願いします。

 

 

佐藤 肇祐