水魚の交わり

こんにちは
佐藤肇祐 です。

ビジネスは絶好調!体調は疲労困憊!
最近、新しい車が納車されました。
バイクも欲しいです。

そんなワタクシ。

前回は相当前に書いたと思いますが、縁や運の話をさせて頂きました。
今回は、出会いの話。

私は三国志が好きで、そこに人のかかわり方や才能の使い方を学んでるような気がします。
どの国のトップもそれぞれのビジョンがあり、有能な人間が本当に切磋琢磨している。

その中で、自分が水魚の交わりと思う人材がいます。
和久野英介と中田剛です。

①この二人は、わかりやすい忠誠心は私には見せません。
なれ合いも嫌いますし、友人がいないと言っています。

②この二人はモチベーションを語りません。
やるべきことを望まれた以上にする!これだけです。

③この二人はこの二人が切磋琢磨しています。
夜な夜な、検証し改善点をお互いあげあっています。

④この二人は、甘んじません。
今回、WSホールディングスが設立されますが、この二人も要職につきます。
しかし、彼らは、「自分たちも努力を怠ればすぐについていけなくなる」
というストイックさを持っています。

⑤この二人は、シンプルです。
いいものはいい!わるいものはわるい!
私よりはっきりしているかもしれません。

⑥この二人は会社の在り方を変化させた。
合理的に考える部分と感情の部分をわかっているがゆえに、
社内の制度を整えていっています。
今まで思う人間はいたが、彼らは実行しました。

とまあ、こんな感じでほめておけば、もっとたくさんw仕事してくれるかな(笑)

これは桃園の誓い なのか 水魚の交わりなのか。。。
彼らは王佐の才なのか・・・。

今後の当社、当グループの成長に・・・
乞うご期待!!!

佐藤 肇祐