40の壁

まぁ本当にお久しぶりのブログとなります

中央営業所 鈴木です。

中央の鈴木を知る方には
とにかくよく食べると思われているであろうろうかと思います。

しかし

私に訪れた40の壁

そう

私 40歳の瀬戸際なんです

急にメキメキと食欲が失せております

何たる事でしょう

このブログを食レポをようにしていた私に

初の危機です。

それを踏まえて

本題です

私には
この春 社会人に成るべくして
家を出た息子がおります

先日、職場の配属が決まり
7月より留萌に旅立つ事となりました。

旅立つ直前の息子の休みに
私の休みが重なり

「最後の晩餐しようぜ」

さすが豚一家

手向けるものは食でしかありません

鈴木「何食べたい」

息子「久々紅い〇にでも行きたいかな」

豚一家らしい門出を求める息子

鈴木「ほうほう……実家も誘おうと思ったがなかなかハードやの。母は今あまり食べられない身体になったが応えようではないか」

とゆう事で
両親には注意事項を伝え
この日は息子と娘、

そして私の両親と私の5人で行くことに

ちなみに

カツカレー
少なめを注文すると
他店の2〜3杯分

普通を頼むと
他店の4〜5杯分

盛り具合いが名物なお店です。

こちらが少なめ↓

食べ物ブログ

比較対象はゲーム卓で……

息子は<普通>をチョイス
……ですが比較対象にしても息子の前にあってもデカく見えない不思議…とゆう事で写真は省いております。

~〜  結果  〜〜

息子もだいぶ食べられなくなったようで
<普通>を4割程お残し

娘は
大食が美学と思っているようで
<少なめ>完食

母は甘いカレーしか食べられないので
ミートスパゲティ……意外と一般的な量よりちょい多いくらいなのでほぼ完食

問題の鈴木は
<少なめ>を完食……だって息子に負けたくないんだもの。

その一心で喰いつくし、

翌日から食欲不振に拍車がかかるとゆう……アホ

さてさて

父がどうだったかと言いますと

<少なめ>2割程お残し
父「昔はこれしきの量残すなんて有り得なかった」

とっても悔しそう

あぁ

此の親にしてこの子あり

ごちそうさまでした(-人-)

※鈴木の父は69歳です。その後の体調が心配でならなかったが帰宅から2時間後には おはぎを食しておりました。